FC2ブログ

投資ノウハウ研究

投資で成功するにはノウハウが必要です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社労士試験に合格するための暗記をしない社労士試験合格法

ブックメーカー投資。アービトラージマニュアル。






社労士試験に合格するための暗記をしない社労士試験合格法

















2011年度の社会保険労務士試験は、どんどん迫ってきています・・・



























勉強ぎらいの私が、暗記をせずに合格した勉強法とは・・・
高校時代はバレーボールばかりで勉強をせず、
親に大学進学を反対され、専門学校へ進学。

専門学校時代は税理士を目指すも、
教師に「お前には無理だ」と一蹴。

このように優秀という言葉とは程遠い私ですが、
平成12年に、難関資格「社会保険労務士」に合格しました。


当時、ほぼ毎日終電で帰る残業まみれのサラリーマンだった私が、
社労士に合格したのには、理由があります。


今から少しお時間をいただいて、
私の「暗記をしない社労士合格法」についてお話したいと思います。

さほど優秀ではなかった私が、




なぜ、時間のない中で社労士試験に合格できたのか?

なぜ暗記をせずに合格できたのか?


この秘密を知りたいとお思いでしたら、今すぐ、この先をお読みください。


私が合格できたのは、暗記をしなかったからです!







はじめまして!

社労士試験合格請負人の小野里 実(おのさと みのる)と申します。
私は、平成12年に、社会保険労務士試験に合格しました。










高校時代は、バレーボールばかりしていて、
勉強らしい勉強をしませんでした。

そんな私でしたので、親に大学に行きたいと言ったら、
「まさかお前が大学に行くというとは夢にも思わなかった」
「そんな金はない」と言われ、
しかたがなく自分でバイトしながら専門学校に通いました。

専門学校時代は税理士を目指そうと思ったのですが、教師から、
「目指すのは勝手だが、そんな簡単に合格できるものではない」
「ましてや、君の成績では無理だろう」と言われ、あえなく挫折。


このように、優秀とは程遠い私でしたが、会社員時代に社労士に合格しました。

当時、毎晩のように残業をしながらの勉強で、ほとんど終電で帰る生活のなかで、
スキマ時間を利用して合格したのです。

こんな私が、なぜ難関の社労士試験に合格できたのかというと、
秘密があります。

それは、暗記をしなかったからです。

もう一度、言います。


私が合格できたのは、暗記をしなかったからです。


「はぁ? 何言ってんの?」

というあなたの声が聞こえた気がしますが、
本当のことです。

社会保険労務士の試験に、暗記は必要ありません。
むしろ、暗記はあなたの足をひっぱります。


あなたが、次のような勉強方法で社労士試験に合格しようと思っているなら、
今すぐ、やり方を変える必要があります。



⇒ 基本書を何度も読んで、暗記する

⇒ 基本書を暗記できたら、過去問をなるべくたくさんこなす

⇒ 基本書を最初から見直し、忘れたところを再度、暗記する



このような方法では、いつまでたっても社労士試験に合格することはないでしょう。
国民年金法を覚え終わったと思ったら、労働基準法を忘れている。
何度、繰り返しても、最初に暗記したことを忘れてしまう。
なんて俺は覚えが悪いんだろう、と虚しくなり、やがて受験を諦めてしまう・・・
せっかく社労士試験に合格したいと思い、がんばって勉強しても、
諦めてしまってはすべてが無駄になってしまいます。

私は、あなたにそのような悲しい思いをしていただきたくありません!

私の勉強法は、一切、暗記がいりません。




苦しい暗記は不要です
暗記なしに、過去問をすらすら解けるようになります
仕事の合間のスキマ時間で、合格レベルに達することができます





この勉強法を身につけたあなたは、今年の11月には合格証を手にし、
合格を成し遂げた充実感を味わっています!


なぜ、あなたは社労士試験に合格したいのですか?



ところで、なぜ、あなたは社会保険労務士試験に合格したいのでしょうか。


社会保険労務士として、独立して自由に仕事をしたいからですか?
キャリアアップして、会社で出世したいからですか?
転職で有利だからですか?


社労士試験を目指す理由は、さまざまだと思います。

目指す理由は何でも構いません。



でも、それは本心ですか?


もっと他の理由ではありませんか?

そんな気持ちは、ないでしょうか?


私の場合、体面上は「キャリアアップして人事の知識を深めたい」というものでした。

しかし、本当の理由は、


「会社を辞めたくて仕方がなかった」のです。



もう一度いいますね。



「会社を『辞めたくて』、『辞めたくて』、『辞めたくて』、仕方がなかった」のです。





動機が不純であるほど、合格できます!



会社を辞めようと思えば、すぐにでも辞められたのでしょうが、
当時の私は社労士試験に合格できなければ、辞められないと思い込んでいたのです。


この「会社を辞めたい」という理由が私の原動力でした。
不純な動機ですよね。


人間は、正のパワーより負のパワーのほうがより力を発揮します。


この負の感情は、私の試験へのモチベーションを維持するのに、
役立ってくれました。


ネガティブ感情こそ、武器になるのです。


自分の心ともう一度向き合って、合格したい本当の理由を確認してください。
不純な動機であればあるほどいいです。


動機が不純であるほど、『絶対合格する』という信念を、
継続して持ち続けることができるからです。


この信念を持ち続けられるかどうかで、合格が決まるといっても過言ではありません。

あなたがこのような信念を持っているなら、
社労士の合格証を手にする資格があります。


あなたが、最短距離で合格する方法があります


ただし、あなたが「ひたすら暗記する」という間違った勉強法を続けているなら、
信念があったとしても、遠回りをしている可能性も否定できません。

もし、あなたが暗記中心の勉強法を続けていると・・・

× 効率が悪いため、勉強自体が苦痛になります

× 短期合格できずに、時間とお金を無駄にします

× 合格できずにあきらめてしまいます



あなたが社労士試験に合格するためには、
合格した人と同じ方法で勉強すればいいのです。

最短距離で社労士試験に合格するには、どうしたら良いでしょうか?

あなたができることは、


今すぐ暗記中心の勉強をやめることです!



そして、私が社労士試験に合格した、「暗記をせずに合格する方法」を、
実行することです。

私は、私の知りうる限りのノウハウを詰め込み、
「暗記をしない社労士合格法」をマニュアルにしました。


これを読んでいただけば、あなたは今すぐ、
社労士試験に「暗記をしないで合格する方法」がわかります。


もう、苦しい暗記は必要ありません。


暗記をしない社労士合格法とは?

それでは、「暗記をしない社労士試験合格法」の中身を、少しだけお見せしましょう。






社労士試験に合格する人とは、「合格するコツ」を知っている人です
社会保険労務士試験は、合格率10%未満の難関試験です。合格する人と不合格の人の差は、頭の良し悪しでも、記憶力の差でもありません。
合格するのは、「試験に合格するコツを知っているか、どうか」これだけの差です。決して、頭がいい人間でも真面目な人間でもありません。
社会保険労務士試験は難しくなったといわれますが、「合格するコツ」さえつかめば難しい試験ではありません。


社労士試験は、凡人が合格できる試験です
以前、私が社労士の受験予備校に通っていたときに、講師が「社会保険労務士試験は凡人が合格できる一番難しい試験だ」と言っていました。一番難しいかどうかはわかりませんが、「凡人でも、合格するコツを知っていれば合格できる試験」です。「私は特別優秀ではないから…」と思うあなたも、心配いりません。


本当の合格率は20%程度です!
社労士試験は、合格率が例年10%未満です。ですが、みんなが勉強して同じ実力の人が受けるわけではありません。決して、あなたの合格する確率が10%ということではないのです!真の争いは、「合格する正しい方法を知っていて」、「真剣に勉強してきた人たち」だけの戦いです。真剣に正しい方法で勉強をすれば、5人に1人は合格できるのです。合格率は20%です。もう、合格率を気にするのはやめましょう!。


社労士は働きながら合格できる資格です
社会保険労務士試験は、サラリーマンが合格できる資格です。私も、1日15時間の労働時間のなか合格できました。私が実行していた、絶対的な時間がなくても勉強する時間を捻出する方法があります。これを知れば、あなたが忙しいサラリーマンであっても、受験を諦める必要はありません。


完璧主義にならなくても受かります
社労士試験に合格するためには、得意科目で得点を稼ぐより、不得意科目を作らないことが大切です。択一で6科目が満点で1科目3点より、7科目6点を目指すことが合格への近道です。また、試験には、誰も解けないような問題が出題されます。「こんな問題見たことない!」という問題が必ずあります。誰も解けない問題が解けなくても合否には関係がなく、誰でも解けるような問題を落とさなければ合格します。


負のパワーを味方に付ければ合格が近づきます
社労士を目指す理由は、人それぞれだと思います。目指す理由は何でも構いません。合格したい意志が、強ければ強いほどいいのです。その意志を支えるのが、強い欲求・欲望です。自分の心ともう一度向き合って、絶対合格したい本当の理由を確認してください。


社労士は1年で合格できる資格です
社労士試験に合格するまで、平均3年かかるといわれています。そのため、「3年計画で合格を目指す」という人がいますが、これでは3年かかっても合格できません。毎年少しずつ知識を積み上げて、合格に近づける方法ではダメなのです。なぜなら、社労士試験に出題される法律は改正が頻繁にあるため、積み上げた知識を修正しなければならないからです。また、毎年変わる数字もあります。1年で合格するスケジュールをたてたほうが、結果として合格が早まります。


苦しいのは勉強初期だけです
受験勉強と無縁だったり、しばらく離れている人にとっては、勉強のペースをつかむまでが困難です。分厚いテキストを読み問題集を解くと考えるだけで、うんざりしてしまうかもしれません。高いお金を払って受験予備校に入ったのに、入学して早々に顔を見せなくなる人がいます。しかし、次のことがわかっていれば、続けられたかもしれません。それは、「勉強して身に着く知識量は、勉強した時間に比例しない」ということです。3か月くらい毎日勉強すれば、最初はまったく結果がでなかったものが、だんだんと頭の中が整理されていき、あるところから急速に理解ができるようになります。苦しいのは最初だけです。


几帳面である必要はありません!
社労士試験の出題範囲は膨大です。テキストを1ページ目から読んで、ノートに重要なことを書き出し、図にしたりと自分専用のサブノートを作ってなどやり始めたら、もう最悪です。短期で合格するなんて、夢のまた夢になってしまいます。予備校や市販されたものをうまく利用して、効率的に学びましょう。


短期で合格する人は、割り切ることをしています
短期で合格するには、試験で重要なところだけを勉強する必要があります。参考になるのが過去問です。過去問で出た箇所というのは、同じ問題は出ないにしても、同じ項目は角度を変えて何度も出題されます。ですから、過去問で出てきた項目はしっかり理解する必要があります。過去問を軽視して勉強しても、合格はないと思ってください。


丸暗記は合格の妨げとなります
あなたは学生時代に、一夜漬けをしたことはありませんか?一夜漬けで覚えたことって、いとも簡単に忘れますよね。実は、人間の記憶する能力を封印する方法が、「丸暗記」です。なぜなら、丸暗記をしようとすると、人間は考えることをしなくなります。そうすると脳が理解することをせずに、ただ覚えようとします。一夜漬けであればそれでもいいのですが、社会保険労務士試験では通用しません。暗記ではなく、理解することがとても重要です。


外回りが多いサラリーマンは、絶好のチャンスです
営業の仕事をしている人など外勤が多い方は、勉強をする時間がもっと取れます。通勤時間だけでなく、移動時間もテキストを読んだり、問題を解くことができます。もしかしたら、自宅で勉強しなくてもいいかもしれません。聞く勉強も効果的な方法です。具体的な方法をお教えします。






ほか、合格するための教材選び、集中する方法、科目ごとの取り組み方、

実践的学習法(モデルプランあり)、過去問の効果的な使用方法、試験直前期の過ごし方、

試験当日に最高の力を発揮する方法、具体的な解答テクニックなど、

私が社労士試験に合格した勉強法を包み隠さずお伝えしています。

合格率10%未満の難関資格に合格するには、

効率の悪い勉強法を続けていてはいけません。


暗記で合格しようと考えている人がいまだにいます。
社労士試験は丸暗記で合格できるような試験ではありません。
あの膨大なテキストを丸暗記すること自体、無理な話です。
膨大なテキストを暗記しなければならないと思ったら挫折します。

量に負けてしまうのです。

むしろ暗記をしないようにしないと合格できません。

私の周りにも社労士試験を目指して、合格できない人が多くいます。

そういった合格できない人たちの話を聞くと、ほとんどの人が暗記中心の、

間違った勉強法を信じています。


あなたが暗記中心の勉強方法で社労士試験に合格しようと思っているなら、

今すぐ、やり方を変える必要があります。


私の勉強法は、一切、暗記がいりません。




苦しい暗記は不要です
暗記なしに、過去問をすらすら解けるようになります
仕事の合間のスキマ時間で、合格レベルに達することができます




この勉強法を身につけたあなたは、今年の11月には合格証を手にし、

合格を成し遂げた充実感を味わっているでしょう!




合格した人の勉強法を、あなたはそのまま真似するだけでいいのです。



苦しい暗記は、もう必要ありません!







スキマ時間活用 社労士過去問ドリル 6800円相当



※パッケージ画像はイメージです。

今なら、効率的に択一式試験の練習ができる、

「スキマ時間活用 社労士過去問ドリル」(パソコン用ツール)が付きます。

本試験の過去5年分の択一式問題肢を、すべて○×にして掲載しています。

あなたのパソコンにダウンロードしていただき、練習できます。
1分あれば1問できますので、
・仕事中に一息ついた時に
・家事の合間に

パソコンを開ければ、いつでも社労士の問題演習ができます。

毎晩のように残業していて、スキマ時間で社労士に合格した私が監修していますので、
お使いいただければ、きっと効果を感じて頂けると思います。

どんな試験でも同じですが、社労士の試験も、ボーダーラインの1点で涙を飲むことがあります。
その1点をもぎとって合格するために、この社労士ドリルを活用してください。












社労士過去問ドリル バージョンアップ版 3800円相当




「スキマ時間活用 社労士過去問ドリル」(パソコン用ツール)には、
2004年~2009年度までの5年分の過去問が収載されています。
万一、2010年度に合格できなかったとしても、
新しい問題を収載したバージョンアップ版を手に入れることができます。

※新しいものが完成し次第、購入者通信で配布されます(年1回バージョンアップ)。








合格お祝い金を進呈します



「暗記をしない社労士合格法」をご購入し、2011年度の社労士試験に合格した方のうち、

合格証書のコピーと感想文を送付いただいた方に、お祝い金として1万円を差し上げます。

つまり、実質9,800円でご購入いただけることになります。

※ご購入者と同一名義のものに限ります。








社労士受験専用SNSご招待します



教材の作者である、小野里 実による社労士受験に特化したSNSにご招待します。
そのSNS内に、「暗記をしない社労士試験合格法専用」のコミュニティを作成しましたので、
コミュニティ内でサポートを行います。














暗記をしない社労士試験合格法
全136ページ(冊子版)

※パッケージ画像はイメージです。

特別価格20,800円

クレジットカードと銀行振込でお支払いいただけます。
<お支払い方法>









社労士に合格したいあなたと、社労士合格請負人・小野里 実とのお約束
・サポートメールをお送りします
社労士に合格するためには、モチベーション維持が何より重要です。
そこで、折を見て私からあなたへ、直接、メールをお送りします。


あなたが疲れたり飽きたりやる気を失ってしまっても、
私があなたのお尻をたたいてあげます。

・バージョンアップテキスト無償提供保証
万が一、あなたが2011年の社労士試験に合格できなかった場合、
2012年の試験に向けて、バージョンアップしたテキストを無償で提供いたします。









追 伸
会社を辞めるためには社労士試験に合格しなければいけない・・・

私は、こんな思いで自分を追い込んで合格しました。
そして、希望する仕事と、収入UPを手にすることができたのです。

あなたが回り道せず、短期間で社労士に合格するためには、
「暗記をしない社労士合格法」が必要です。

社労士は、効率よく勉強すれば1年以内で合格可能な資格です。
あなたもよほどのことがない限り、合格できます。


追 伸 2
あなたが、この「暗記をしない社労士合格法」で合格証を手にしたら、
ぜひ、私に知らせてください。

ささやかなお祝いをさせていただきたいと思います。
早く試験に合格して、私たち社労士の仲間になってください!
社労士になったあなたにお会いできるのを、心から楽しみにしています!












トップページ特定商取引法に関わる表示プライバシーポリシー
Copyright (C) 2009 Invrain All Rights Reserved.







二世帯 リフォーム フローリング






詳細を見る
pr ネットカフェ で インターネット 検索

トラックバック

トラックバック URL
http://bbuxlkgs.blog46.fc2.com/tb.php/4475-3cea32fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。